2018年09月03日

土曜日:朝から、ソノ嫌な雨が・・・。ただ、秋風が吹き、体調は至って快調。傘を片手での作業だが、寒い冬の雨と違い暑い夏の雨は、少々身体が濡れた方が心地よい。小倉開催の最終回だけに、とにもかくも頑張るだけ。

小倉5R2歳新馬 芝1200m    

◎11番エクレアスピード(2着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し頭高い。
○03番ファルトレク(1着):デキ良し。距離向く。少し後肢の蹴りが弱い。
▲06番タゴム(13着):脚捌き少し硬いがデキ良し。少し頭高い。
注08番スマートレムリア(5着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し頭高い。
△09番ヘヴンリーウインド(4着):お釣りある仕上げもデキ良し。頭高いが全体的な動きはマズマズ。

総評 上位馬実力拮抗

結果、○3番がハナに立ち、*12番は2番手、*4番が好位、注8番が好位後方の外、◎11番は中団の外、△9番は中団、▲6番は後方から追走。○3番は直線に向いても後続馬を寄せ付けず、力強く、ゴールを駆け抜け、快勝。◎11番は、勝ち馬に追いすがるも差は縮まらず、2着まで。*4番はジワジワ伸びて、3着確保。

日曜日:前日とは打って変わり雨も上がり、天気良く、秋風が吹き、絶好の競馬日和だが、ただ、馬場状態が微妙なだけに、パドック情報は難儀しそう。

5R2歳新馬     

◎02番クロノジェネシス(1着):仕上げ良し。距離向く。少し後肢の蹴りが弱い。
○04番マルカノーベル(2着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し頭高いが脚捌きは問題なし。
▲16番ボーダードライヴ(8着):お釣りある仕上げもデキ良し。軽めも少しできる。
注12番レクスミノル(7着):脚捌き少し硬いがデキ良し。軽め。
△15番キコクイーン(3着):脚捌き少し硬いがデキ良し。少しできる。

上位馬横一線

結果、○4番がはなを切り、△15番は2番手、*掛かりながら14番が好位の外、◎2番は好位後方の内、注12番は中団から追走。直線、○4番(2着)が粘るところを、◎2番がゴール手前で力強く伸び、外から差し切り、快勝。△15番が流れ込んで3着確保。

11R小倉2歳S・G3 

◎05番シングルアップ(6着):馬体締まりデキ上向く。先入れ、軽めもスムーズ。
○03番ルチアーナミノル(8着):デキ上向く。ハミ変え。軽めも少しできる。
▲12番ブルベアオーロ(9着):馬体ふっくら見せ順調。少し力む。
注08番ミヤジシルフィード(3着):馬体締まりデキ上向く。頭高い。
△06番ファンタジスト(1着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し力む。
▽04番セプタリアン(14着):馬体ふっくら見せ順調。軽目に終始。
☆14番ジャカランダシティ(10着):良い意味での平行線。軽目に終始。

総評 各馬馬体重の増減が著しく、混戦模様

結果、*1番がハナに立ち、*2番は2番手、△6番が好位の外、◎5番は好位後方の中、○3番が中団の中、▲12番は中団の外、注8番が中団の中、▽4番は中団の外、☆14番が後方から追走。直線、*1番が粘るところを△6番が外から力強く差し切り、快勝。*9番が最内からジワジワ伸びて、2着確保。注8番は馬群の中から力強く伸びてきたが、3着まで。

土曜日 13R ハイカラ屋→あぶくり

岐阜からヤマギシくん(お土産&撮影ありがとうございました)、滋賀から元厩務員のサイジョウさん(プレゼントありがとうございました)、島根からミギタさん(お土産ありがとうございました)、東京からハチヤさん&ユカさん(お土産ありがとうございました)、東京から某編集部のタバタさん、課長さん、競輪選手の垣外中勝哉さん(『競馬王9月号』で、グラサン師匠の人気漫画「鉄板競馬」で馬を自転車に見立てる新理論を発表)、ハイカラ屋の若社長、別嬪さんチーム、スタッフの橋浜とワイワイヤイヤイ。競馬&競輪談義で盛り上がりました。参加された皆さん、おつかれさまでした。

お礼

あぶくりの嶋田さん、旦過うどんのおかみさん、お世話になりました。また来年もよろしくお願いします。

日曜日

現場参戦

コモリさん、大分からナカミチさん、岐阜からヤマギシくん(撮影ありがとうございました)、滋賀から元厩務員のサイジョウさん、島根からミギタさん、東京からハチヤさん、ユカさん、某編集部のタバタさん、課長さん、別嬪さん、おつかれさまでした。

お礼
スミさん&トモヒロさん、開催中の開門ダッシュありがとうございました。

ではでは パドックでお逢いしましょう グッドラック!


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives