2018年09月22日

神戸新聞杯
◎3ワグネリアン
○8エポカドーロ
▲2エタリオウ
△1ゴーフォザサミット、6メイショウテッコン

オールカマー
◎7レイデオロ
○2ダンビュライト
▲3ガンコ
△1アルアイン、9ミライヘノツバサ、10ブラックバゴ、11エアアンセム

IMG_3042


馬券では、「◎○▲で決まったときに10万円の払戻をゲットする」を目標に組み立てた。しかし、両レースとも実績馬に人気が集中し、自分の予想もそれに等しいため、正直苦しい馬券になってしまった。本戦以外では週次マイナスの目が多くある。

神戸新聞杯はダービーの着順のまま決まるのが本線。ワグネリアン、エポカドーロに大きな隙はなさそうだが、騎手や脚質などから取りこぼすことがあっても驚けない。このような重賞で勝つのがMデムーロ騎手である気がしてならないが。

外厩ではワグネリアンとエタリオウはともにNF天栄からの帰厩初戦。友道厩舎は芝2000m以上で天栄帰りであれば総数12件ながら3着内率75%で複勝回収率148.3%と抜群。


オールカマーのレイデオロは京都記念並みの仕上がりを想定していて、勝ちきるまではどうか。それでもノーザンF天栄×芝重賞×単勝1番人気は、勝率38.8%、3着内率70.3%、単勝回収率108.5%、複勝回収率97.4%と逆らえない。

アルアインは中間プール調教&坂路追い切りばかりということは懸念だが、タイム自体は出ているだけに問題はないとみているが。

データは16年〜。

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives