2018年10月20日


菊花賞

◎9番エタリオウ
○3番ブラストワンピース
▲4番ジェネラーレウーノ
△5番エポカドーロ
△6番メイショウテッコン
△12番フィエールマン
△14番グロンディオーズ

IMG_3087


ノーザンF天栄の勢いには逆らえないが、やはり菊花賞は関西馬に有利なレース。これを理由に◎と○を入れ替えた。エタリオウはダービー、神戸新聞杯で上がり上位。友道厩舎はマカヒキやワグネリアン、シュヴァルグランなど、帰厩2走目以降でもG気鮠,討覬梗卜呂ある。Mデムーロ騎手なら鬼に金棒だ。ブラストワンピースの素質は相当なもので、ダービーも不利がなければ勝ち切っていたはずの内容。心配されているスタミナ面も、東京芝2400mであれだけの上がりを使える馬であれば、同世代が相手では問題はないとみる。

相手は内枠の上位人気馬を中心に、騎手を重視した。

ブラストワンピースだけでなく、フィエールマンやグロンディオーズが好走した場合、天栄が一つの時代を作ることになるが、果たして。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives