2018年10月27日

ここ2週の活躍で、一気に「外厩」の存在とその影響力の強さが競馬ファンに知れわたったのではないでしょうか。外厩帰り×上位騎手で決着するようなレースを当てられなかったのは、当事者として忸怩たる思いです。例によって今週も出走馬はほとんどがノーザンファーム系。その中からどのようにして選ぶか、どう買うかが要求されていますね。

「上位人気2頭で2強」という認識。JC狙いという印象は受けず、ここでしっかりと実力を出してくるとみます。2頭軸でいきたいところだが、セントウルS・京成杯AHの週以降、日曜日の重賞で的中がないので広めに購入しました。当たってもほとんど利益は出ません...

◎5番スワーヴリチャード
○4番レイデオロ
▲6番マカヒキ
△3番ヴィブロス
△7番アルアイン
△9番サングレーザー
△10番キセキ


IMG_3098

レイデオロはオールカマーで突出した上がり3Fタイムを計時。ダービー馬で昨年のJCで2着と東京ベスト。Cルメール×ノーザンファーム天栄は、この秋絶好調。中間の調教でアクシデントがあり、完璧とはいえない調整過程でも。(鞍上との兼ね合いや、前哨戦を使っていることから、JCではなくここが狙い)
本命はスワーヴリチャード。夏季はノーザンファーム空港(北海道苫小牧市)でリフレッシュ。これは昨年のアルゼンチン共和国杯時と同様で、その際の圧勝劇からも、調整過程は満点の評価ができる。当週は少し浮ついた動きだったが、1週前にしっかり動けており自身の力は出せる状態。

以下は横一線の評価。ヴィブロスは某誌で天皇賞秋の注目馬として取り上げた。芝中距離では信頼の友道厩舎で、左回りの東京芝2000mはベストの舞台。2週続けての坂路調教だったことが引っかかり、少し評価を落とした。キセキとマカヒキを上位に評価したのは、鞍上を考慮してのこと。アルアインは状態や過程は良い。サングレーザーとともに東京コースで力を出し切れれば。






JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives