2019年04月06日

桜花賞

◎8番グランアレグリア
◎15番ダノンファンタジー
△2番エールヴォア
△4番クロノジェネシス
△14番ビーチサンバ
△16番シゲルピンクダイヤ

IMG_3291

桜花賞は人気3頭の競馬になると予想。甲乙つけ難いが、騎手と厩舎からグランアレグリア、ダノンファンタジーで2頭軸を組んだ。

8グランアレグリアは朝日杯FS後、ノーザンF天栄でリフレッシュ。3月5日に帰厩して、多めの本数で追い切られている。間隔を空けて桜花賞に挑むのはアーモンドアイと同様。17年4月にNF天栄の坂路が改修された後、2,3歳の世代限定重賞では、関東馬(天栄馬)が関西馬(しがらき馬)を圧倒している。また、藤沢厩舎はNF天栄との相性が良い。阪神への遠征も経験済みであることは強調できる。

15ダノンファンタジーは阪神JF、チューリップ賞で1着。阪神JFでは末脚の持続力を示し、前が壁になったチューリップ賞では、加速能力の高さを見せた。気性面のコントロールさえ効けば、好走できる可能性は高い。今回はノーザンFしがらきから帰厩して2走目。同牧場から帰厩して3走目で阪神JFを制しており、在厩調整でも力を出せるタイプ。

4クロノジェネシスは33秒台の脚が使え、末脚の持続力も兼備しているタイプ。レースの適性があるのはこの馬だとみている。

以下は軽視した馬。

シェーングランツは阪神JFでも軽視したが、新馬戦から一度も放牧に出ていないことは割引材料。
これに伴って、アルテミスS以降はパフォーマンスの上昇が見られない。

アクアミラビリスはこれまでスローペースの経験しかなく、テンが遅すぎる。G気離據璽垢砲和弍できない可能性が高い。

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives