2019年05月16日


土曜日:今週も「馬見」と暑さとの闘い。如何に、集中力が維持できるか? いやはや、目が覚めるようなスーパーホースで現れてくれば話は別だが、この時期に夢のような期待は・・・。そう、1日も早く、新馬戦がスタートして欲しいが・・・。(涙)

ここのところ、「馬見&返し馬」の勉強したいとパドックに来る若者(競輪選手の垣外中さん競馬ライターのまいこさん大学生の松本君)が増え、作業以外にも仕事? が増えて色々と忙しいが、それはソレ。「馬見&返し馬」を少しでも理解してもらえるなら、協力を惜しまないのが私の流儀。ただ、「馬見&返し馬」の勉強は死ぬまで続く事だけは、肝に銘じて分かっていて欲しい。

垣外中さんブログ
垣外中選手のブログ

まいこさんブログ
まいこさんのブログ
まいこさん_競馬王
まいこさんと垣外中さん
まいこさんと垣外中さん1
まいこさんと垣外中選手
松本くんブログ
松本くんのブログ


土曜日:本日も暑さとの闘いだが、東京競馬場でG1(ヴィクトリアマイル)があり、その為、京都競馬は裏開催となり、昨日同様、観客が少なく、その点、パドック作業は楽だが、肝心のパドック情報の結果が・・・。 それにしても、以前の競馬は「馬=7・騎手3」とも云われていたのだが、近頃の競馬は、「馬4=騎手4=外厩2」? イヤ、騎手&外厩の影響力がソレ以上かも? (涙)

東京11R 芝1600M ヴィクトリアMG1 前日予想

上位馬実力拮抗

◎6番ラッキーライラック:4歳馬。中間の馬体重518k(前走時510k)は、中間の立ち写真通り、好仕上げ。
外厩帰り(ノーザンFしがらき(滋賀)Aランク。)前走の敗因は、3角で包まれ立ち上がる大きな不利。距離、コース向き、叩き3走目、上積み見込め。
○7番ミッキーチャーム:4歳馬。前走時ビッシリ仕上げていただけに馬体面からの上積みは微妙だが、中間の馬体重456k(前走時446k)なら、好調キープ。距離向き、コース替わり問題無く。
▲11番アエロリット:休み明け(ノーザンF天栄(福島)Aランク。)もポン駆け利く体質。中間の馬体重516k(前々走時516k)は好仕上げ。距離、コース向き、ハナ切れば渋太い。展開次第。
注9番プリモシーン:4歳馬。外厩帰り(ノーザンF天栄(福島)Aランク。中間の馬体重510k(前走時498k)は好調キープ。気性難残り揉まれ弱さあるが、距離、コース向き、叩き2走目、上積み見込め。スンナリだと渋太い。
△15番カンタービレ:ご当地馬主(石川達絵氏)。4歳馬。中間の馬体重446k(前走時436k)は好調キープ。
距離向き、コース替わり問題無く、ハミ替え(ノーマルハミ→Eハミ)2走目の慣れ、叩き2走目、上積み見込め。

複勝圏内
☆4番ノームコア:中間の馬体重468k(前走時466k)はメイチの仕上げ。距離向き、コース替わり問題無く、短期放牧(ノーザンF天栄(福島)Aランク。)効果見込め。
☆16番ソウルスターリング:休み明け(社台F山元TC(宮城)ABランク。)もポン駆け利く体質。中間の馬体重498k(前走時490k)は、中間の立ち写真通り、好仕上げ。

結果、▲11番が軽く仕掛けて外からハナに立ち、○7番が2番手、*3番は好位、◎6番が好位後方、☆16番が中団の外、△15番は中団馬群の外、☆4番が中団馬群の後方の中から追走。直線、▲11番が粘る処を◎6番が一旦、交わし先頭に立つも、馬群の中から☆4番が力強く抜け出し、快勝。その外から注9番が伸びて、2着確保。内から*3番がじわりと伸び、3着確保。◎6番は粘りきれず、4着まで。

*今回の結果も、騎手(外人)&外厩(ノーザン天栄)コンビの優勝。因みに、2着馬も外厩(ノーザン天栄)帰り。 (涙)

ヴィクトリアマイル1
ヴィクトリアマイル2
ヴィクトリアマイル3
ヴィクトリアマイル4

土曜日 13R ハイカラ屋→居酒屋


イシイさん、現役競輪選手の垣外中(かいとなか)勝哉さん、石貞(いしさだ)有基選手と奥様、息子さん、「競馬王」競馬女子部(仮)のまいこさん、オオシマくん(結婚おめでとうございました)、スタッフの橋浜、イハラとワイワイヤイヤイ。参加された皆さん、おつかれさまでした。


日曜日 13R ハイカラ屋

イシイさん、イノウエさん、コバヤシくん、ユミさん、マツモトくん、オオシマくん、スタッフの橋浜、イハラとワイワイヤイヤイ。参加された皆さん、おつかれさまでした。

ではでは パドックでお逢いしましょう グッドラック!


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives