それちょっと興味あり!

2008年03月29日

 明日3月30日に誕生日をおむかえになる調教師は

大和田稔 調教師
田村康仁 調教師
小崎憲 調教師

の3名です。おめでとうございます。
各調教師が今週出走させる馬はつぎのとおりです。

■大和田稔[美浦] (1942年3月30日生) 
 土曜
  中山02R バックドロップ
  中山03R バーニング
  中京05R シルクラズベリー
 日曜
  中山04R サツキイーグル
  中山05R スガノビクトリー
  
■田村康仁[美浦] (1963年3月30日生) 
 土曜
  中山03R モンテフェニックス
  中山06R テラノファントム
 日曜
  中山02R ニーマルギャロップ
  中山05R ベルモントノエル
  中山06R トロイオンス
  中山11R イブロン
  阪神06R タカラカリズマ
  阪神12R オープンザゲート
   
■小崎憲 [栗東] (1971年3月30日生) 
 土曜
  阪神03R エーシンドゥベター
  阪神08R フジヤマロマン
 日曜
  中京02R エイシンジャガー
  中京04R ファイブスター
  阪神10R グランプリサクセス
  阪神11R サウスティーダ
  阪神11R アンティークコイン

 すでに、今日(29日)の阪神3Rで小崎憲調教師がエーシンドゥベター号で勝利をあげています。おめでとうございました。

<追記>
 中山06Rでは田村康仁調教師のテラノファントム号が勝利をあげました。
 おめでとうございました。
 

 なお、3月29日が誕生日の調教師はいません。

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB

2008年03月15日

 本日の武豊騎手は中京で騎乗。
午前中は、2・5・6Rの3レースで勝利を挙げている。

 最近はやや精彩を欠いていた感のあった武豊騎手であるが(リーティング1位ですが…)、今日は勢いあったころ同様の、力強く安定感のある騎乗に好感がもてる。

 実は今日3月15日は39回目の誕生日。

午後の騎乗予定は、
7R 2番ナムラコロナ
8R 14番スズカトップ
10R 9番エアファーギー

メインレースでは現在1番人気のダノンゴーゴーに騎乗。

 久々に注目しておきたい。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB

2008年02月29日

◎スマートファルコン
 足腰確り、バネ強し!

 前走は、テンから追走に手間取り終始最後方。勝ち馬から0.9秒離されての7着惨敗だったが、前々走のジュニアCでは、最後方から全馬をぶっこ抜いて好時計で勝利。
関東パドック主任の京介の、ジュニアC時の馬体診断では、
「背中強く足腰確り。バネ強い。メリハリ良い。」(パドック評点3.6の1番手評価)
とのことで、馬体センスと競走能力の高さがうかがえる。
また、敗戦した前走のレース回顧(京介)によると、
「正味6分ぐらいの力発揮で馬に全然無理をさせてない騎乗だし、ここで頑張るとダメージが大きく残りそうなシチュエーションで、ほぼトップスピードに乗らず回ってきただけの競馬。その余力分が次走で大いに有利に働きそう。」
とある。

 スマートファルコンは父ゴールドアリュール、母父ミシシッピアンという血統。
母系は、大種牡馬ナスルーラや最近ではタニノギムレットがでている優秀な一族だ。

 体力があり、かつ高い瞬発力と持続力を搭載。阪神コースに開幕週の馬場は間違いなくあう。
人気が若干低下している今回がまさにねらい目。
オクノ


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB

2008年01月20日

京都12R

2番デマントイドリバーは好調キープ。展開次第では単までありそうだが、その単の売れ行きがおもわしくない。

12番アドマイヤが単・複とも売れがよく、馬の状態も悪くない様子。裂蹄保護テープを外してきている。
メイン-最終とアドマイヤの連勝に期待。

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB
 混戦。
血が良い2番ラベは気配まずまず良好。も、小柄な馬体(420K)はここではやや不利か。チャカつきも目につく。

安定感では10番エーソングフォー。
気配もよく、適性も高い。前にいける脚もある。
ここは上位。

穴なら5番ジョイフルスマイルか。
集中力に欠けるところもあるが、馬体の見栄えでは一番。
人気なく、穴で一考。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives