重賞レース回顧

2013年06月06日

今回のレースロゴ
2013年06月02日(日)
 東京11R 芝1600 安田記念・G1 1着


プロフィールロゴ
牡5 ロードカナロア
父 キングカメハメハ
母 レディブラッサム
母父 ストームキャット
出産時の母の年齢 12歳
毛 色 鹿毛
馬体重 500K
厩 舎 安田隆(栗東)
馬 主 螢蹇璽疋曄璽好ラブ
生産者 ケイアイファーム
生産地 新ひだか

ミスタープロスペクター系

キングカメハメハ

   2001
キングマンボ
鹿毛  1990
Mr.Prospector1970Raise a Native1961
Gold Digger1962
Miesque1984Nureyev1977
Pasadoble1979
マンファス
青鹿  1991
Last Tycoon1983Try My Best1975
Mill Princess1977
Pilot Bird1983Blakeney1966
The Dancer1977
ストームバード系

レディブラッサム

鹿毛  1996
ストームキャット
黒鹿  1983
Storm Bird1978Northern Dancer1961
South Ocean1967
Terlingua1976Secretariat1970
Crimson Saint1969
サラトガデュー
鹿毛  1989
Cormorant1974His Majesty1968
Song Sparrow1967
Super Luna1982In Reality1964
Alada1976
クロスNorthern Dancer 5x5x4 Secretariat-Syrian Sea 4x5
馬体コメントロゴ
 既に完成された馬体で仕上がりも良好。スプリント界の頂点を極めた馬だが、それほど極端な腰高体型ではない。胴はやはり短いが、脚が長めで柔らかさもある。その辺りが距離をこなせる要因の一つではあるか。今回は中距離路線組も混じっていたし、さすがに背の高さでは劣る面もあったので、これ以上の距離延長は疑問だが、マイルまでならこなせることを証明した。
レースコメントロゴ
 好スタートだったが馬ナリ追走で中団外めの位置取り。隣でグランプリボスが掛かって頭を上げているが、こちらはむしろスムーズな追走。そのまま外を回って直線へ。追い出してからはジワジワ外に膨れて行ったが、しっかり伸びてくる。坂上で手前を変えてもう一伸び。ショウナンマイティの追撃も振り切った。短距離路線からのロードカナロアが勝ち、2着は中距離路線からのショウナンマイティと、マイル路線の手薄さが表れてしまった感もある今年の安田記念だった。
ロードカナロア
ロードカナロア


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB

2013年02月18日

今回のレースロゴ
2013年02月17日(日)
 東京11R ダ1600 フェブラリーSG1 1着


プロフィールロゴ
牡5 グレープブランデー
父 マンハッタンカフェ
母 ワインアンドローズ
母父 ジャッジアンジェルーチ
出産時の母の年齢 15歳
毛 色 黒鹿
馬体重 526K
厩 舎 安田隆(栗東)
馬 主 觴丗罐譟璽好曄璽
生産者 社台ファーム
生産地 千歳

ヘイロー系

マンハッタンカフェ

青鹿  1998
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
サトルチェンジ
黒鹿  1988
Law Society1982Alleged1974
Bold Bikini1969
Santa Luciana1973Luciano1964
Suleika1954
ボールドルーラー系

ワインアンドローズ

   1993
ジャッジアンジェルーチ
栗毛  1983
Honest Pleasure1973What a Pleasure1965
Tularia1955
Victorian Queen1971Victoria Park1957
Willowfield1965
ランフォアロージス
鹿毛  1986
Pleasant Colony1978His Majesty1968
Sun Colony1968
Roses for Mama1976Full Pocket1969
Mesopotamia1969
クロスありません
馬体コメントロゴ
 四肢が長く、胴もゆったりとした作り。柔軟性も高い。とにかく馬体の張りが良く、デキ自体も絶好調だった。トモ(後肢)も大きくどっしりとした感がある。脚元が弱く大成が遅れたが、ようやく本格化したのだろう。今回の出走馬の中で唯一の5歳馬。見事世代交代を告げる勝利だった。しかし、再び故障が判明したのは悔やまれる。
レースコメントロゴ
 折り合いを付けつつ、好位の内へポジションを取る。直線に向いてもまだ内の3列目だったが、なんとか外に持ち出し追い上げ体勢。そこからはしっかりと伸び、粘るエスポワールシチーを差し切った。トビの大きな走りだが、詰まらずに上手く外に出せたことでスムーズな競馬が叶った。
グレープブランデー
グレープブランデー
血統コメントロゴ
父マンハッタンカフェ×母ワインアンドローズ(母父ジャッジアンジェルーチ)の血統構成。5代までにクロスはない。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB

2012年12月27日

今回のレースロゴ
2012年12月23日(日)
 中山10R 芝2500 有馬記念・G1 1着


プロフィールロゴ
牡3 ゴールドシップ
父 ステイゴールド
母 ポイントフラッグ
母父 メジロマックイーン
出産時の母の年齢 11歳
毛 色 芦毛
馬体重 506K
厩 舎 須貝尚(栗東)
馬 主 小林 英一氏
生産者 出口牧場
生産地 日高

ヘイロー系

ステイゴールド

黒鹿  1994
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ゴールデンサッシュ
栗毛  1988
Dictus1967Sanctus1960
Doronic1960
ダイナサッシュ1979Northern Taste1971
Royal Sash1966
パーソロン系

ポイントフラッグ

芦毛  1998
メジロマックイーン
芦毛  1987
メジロティターン1978メジロアサマ1966
Cheryl1971
メジロオーロラ1978Remand1965
メジロアイリス1964
パストラリズム
黒鹿  1987
Pluralisme1980The Minstrel1974
Cambretta1975
トクノエイティー1978Tribal Chief1967
アイアンルビー1972
クロスNorthern Dancer 5x5 Princely Gift 5x5
馬体コメントロゴ
 寒い時期でもあり、短期放牧開けで完全には絞りきれなかったか、気にする程ではないが、ほんの少し余裕を感じる馬体。元々腰には多少のブレがある馬だったが、トモが流れる歩様を見せたのは今回が初めてだった。なので状態が万全ではないのではないか?とも思ったが、結果的にはこの馬の持ち味である豊富なスタミナが活きるレースとなったし、この状態でも古馬を完封したことは、素直に強いと言えるだろう。
レースコメントロゴ
 ルーラーシップが大きく煽ってしまい大出遅れ。そのせいでカメラが馬群を捕らえていないが、ゴールドシップもスタートはあまり良くない。最初は押しても付いて行けない格好で離れた後方になる。スタンド前を通過し1コーナーに入る頃には最後方。そのまま向正面は最後方での追走だったが、3コーナー前で馬群の一番外へ持ち出して仕掛け捲くり開始。3〜4コーナーも6頭分は大外を回るが、直線に向いても勢いは落ちず、大外から伸びて差し切った。馬場が荒れて時計が掛かっていた状況で、1000m通過1分ちょっとはHペースに分類しても良いくらい。結果的も完全に差し追い込み馬に向いた流れだった。
 ルーラーシップが大きく煽ってしまい大出遅れ。そのせいでカメラが馬群を捕らえていないが、ゴールドシップもスタートはあまり良くない。最初は押しても付いて行けない格好で離れた後方になる。スタンド前を通過し1コーナーに入る頃には最後方。そのまま向正面は最後方での追走だったが、3コーナー前で馬群の一番外へ持ち出して仕掛け捲くり開始。3〜4コーナーも6頭分は大外を回るが、直線に向いても勢いは落ちず、大外から伸びて差し切った。馬場が荒れて時計が掛かっていた状況で、1000m通過1分ちょっとはHペースに分類しても良いくらい。結果的も完全に差し追い込み馬に向いた流れだった。
ゴールドシップ
ステイゴールド
ステイゴールド
メジロマックイーン
メジロマックイーン

血統コメントロゴ
父ステイゴールド×母ポイントフラッグ(母父メジロマックイーン)の血統構成。5代までにNorthern Dancer、Princely Giftクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB

2012年12月04日

今回のレースロゴ
2012年12月02日(日)
 阪神11R ダ1800 JCダート・G1 1着


プロフィールロゴ
牡5 ニホンピロアワーズ
父 ホワイトマズル
母 ニホンピロルピナス
母父 アドマイヤベガ
出産時の母の年齢 5歳
毛 色 青鹿
馬体重 536K
厩 舎 大 橋(栗東)
馬 主 小林 百太郎氏
生産者 片岡牧場
生産地 新ひだか

リファール系

ホワイトマズル

鹿毛  1990
ダンシングブレーヴ
鹿毛  1983
Lyphard1969Northern Dancer1961
Goofed1960
Navajo Princess1974Drone1966
Olmec1966
フェアオブザファーズ
鹿毛  1982
Ela-Mana-Mou1976Pitcairn1971
Rose Bertin1970
Autocratic1974Tyrant1966
Flight Table1965
ヘイロー系

ニホンピロルピナス

青毛  2002
アドマイヤベガ
鹿毛  1996
Sunday Silence1986Halo1969
Wishing Well1975
ベガ1990Tony Bin1983
Antique Value1979
ニホンピロタイラ
青鹿  1996
Theatrical1982Nureyev1977
Tree of Knowledge1977
ミルカレント1992Little Current1971
Marston's Mill1975
クロス Northern Dancer 4x5x5
馬体コメントロゴ
前走時と馬体重こそ変わっていなかったが、上体に関して馬体締まり、毛艶良くなり、デキも良かったのは確か。ただ、前肢が湾膝で見た目は、危なかしさが残り、直線の坂がどうかと杞憂したが、レースでは何の問題も無く、シャドーロール装着の効果もあり、流にスムーズに乗り、レースレコード勝ち。ここに来て本格化してきた感。
レースコメントロゴ
マズマズのスタートから押して好位の外へ。外枠だったが大きなロスもなく1コーナーへ。エスポワールシチーが後続を離した逃げで1000m通過59.8秒のペース。トランセンドがバテるのをみつつホッコータルマエとともに押上げ直線へ。手応え抜群のまま直線で先頭に立つとそのまま後続を3馬身1/2離し優勝。
121202-11ニホンピロアワーズ
ニホンピロアワーズ
ホワイトマズル
ホワイトマズル
アドマイヤベガ-シルエット
アドマイヤベガ


※写真の無断転載を禁じます

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB

2012年11月27日

今回のレースロゴ
2012年11月25日(日)
 東京11R 芝2400 ジャパンカップG1 1着


プロフィールロゴ
牝3 ジェンティルドンナ
父 ディープインパクト
母 ドナブリーニ
母父 ベルトリーニ
出産時の母の年齢 6歳
毛 色 鹿毛
馬体重 460K
厩 舎 石 坂(栗東)
馬 主 襯汽鵐如璽譟璽轡鵐
生産者 ノーザンファーム
生産地 安平

ヘイロー系

ディープインパクト

鹿毛  2002
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ウインドインハーヘア
   1991
Alzao1980Lyphard1969
Lady Rebecca1971
Burghclere1977Busted1963
Highclere1971
ダンジグ系

ドナブリーニ

   2003
ベルトリーニ
   1996
Danzig1977Northern Dancer1961
Pas de Nom1968
Aquilegia1989Alydar1975
Courtly Dee1968
Cal Norma's Lady
   1988
Lyphard's Special1980Lyphard1969
My Bupers1967
June Darling1983Junius1976
Beau Darling1966
クロスNorthern Dancer 5x4x5 Lyphard 4x4
馬体コメントロゴ
 秋華賞から−14kg。一見すると細く見えるくらいにキッチリ仕上がってきていた。3歳牝馬ながらも、他の古馬・牡馬と比べて、出来だけでなく、素材の面からしても全く見劣らない。後脚のエクイロックスもなくなっていて、蹄の良化もあった。今回はテンションが高く、パドックでは終始チャカ付いていたし、返し馬に出た時も、大歓声に少し驚いた様子は見せていたが、レースでは落ち着いた内容で、精神的な強さも併せ持っているのだろう。
レースコメントロゴ
 外枠だったが、好スタートから前に行き、すぐに内へ入ってく。1〜2コーナーではもう最内にしっかり収まっていた。トーセンジョーダンを前に見る位置で3番手での追走。とにかく内ピッタリを回ってロスの無い競馬。直線でも内から伸びてくる。ビートブラックを交わす際にオルフェーヴルと接触。そのまま馬体をぶつけ合いながらの追い比べとなったが、渋太く抜かせず、ハナ差凌ぎ切り、初の3歳牝馬によるJC優勝を成し遂げた。
ジェンティルドンナ
ジェンティルドンナ
ディープインパクト
ディープインパクト
画像なし
ベルトリーニ

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく