外厩的アプローチ

2018年05月19日

多くの牝馬がこのレースで初めて2400mを経験する。距離適性はもちろん、長い直線で最後まで脚を伸ばせる末脚の持続力を重視したい。昨年のモズカッチャンこそ当てはまらなかったが、過去の好走馬はノーザンF・社台F系外厩でリフレッシュを行った馬ばかり。芝の中距離で脚を伸ばす馬を生産・育成するノウハウについては流石だ。

15

17

16

過去の外厩傾向は、飯村さんのブログを参考にどうぞ
http://blog.jrdvsp.com/archives/9113540.html

今回合致するのは▲薀奪ーライラック、レッドサクヤ、アーモンドアイ、吋蹈汽哀薀Εの4頭。実績からも調整過程からもラッキーライラック、アーモンドアイの優位は変わらない。16頭が残りの1枠を争うレースだ。

+-+-+-
+-+-+-

IMG_2883

桜花賞のIDMが歴代の名牝を上回ったアーモンドアイ。出遅れ癖、蹄の状態、手前を替える癖、距離適性...etcとケチをつける点は目立つ。それでもIDM、上がり指数はメンバー突出。村山激走指数も1番手なので逆らいようがない。このオークスに関してはハープスターのイメージ。後方から末脚を伸ばすことに徹すれば、最低でも圏内には。もちろん突き抜けてもおかしくなく。
この中間はノーザンファーム天栄で息抜き。5/3に帰厩した後のしなやかな調教の動きからは蹄のダメージ等は垣間見られなかった。

4/10〜4/21の短い期間をNFしがらきでのリフレッシュに充てた▲薀奪ーライラック。チューリップ賞→桜花賞でIDMが62と上昇しなかったことは不満だが、先行して上位の上がり3Fタイムでまとめられる能力は説明不要。調教は前走時ほどの迫力は感じなかったが、「折り合いを確かめて終いを伸ばす」という意図通りならばケチを付けることもない。赤木さんほか、現場の声を聴いていると、「ラッキーライラックは素晴らしい馬だ」とばかり聞こえてくる。

今年の牝馬路線は阪神JF→チューリップ賞→桜花賞がつながっていたように勢力図が昨年から変わっていない。フローラS組は┘汽肇離錺襯ューレだけケアして、残りは桜花賞上位の.螢蝓璽痢璽屮マウレアを。

レッドサクヤ吋蹈汽哀薀Εは能力的には数枚劣るが、外厩的にということで押さえておく。

Εールフォーラヴはアルメリア賞、忘れな草賞とも素質感じる好内容だが、村山激走指数は平凡で評価を下げた。少し怖い存在。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2018年05月12日

t11r


今週も馬トクサイトの激走指数上位で組み立てました。激走指数上位は人気馬が該当したので、ヒモ波乱期待の馬券。指数1位のアエロリットからの流しと上位馬のBOX。このような買い方には慣れていないのですが、波乱含みのレースならアリか。上位人気の馬連のみの決着なら大赤字となってしまうが果たして...。

IMG_2880


10アエロリットは、.魁璽硬性あり外厩帰り2看倭蠎蠅帽チ歴ありと好走要素は揃ったように思える。今回は4月20日(レースの23日前)にノーザンファーム天栄から帰厩。間隔は十分に空いているが、中山記念時よりも8日遅い入厩となっている。クイーンS時にレース16日前、NHKマイルC時には11日前の直前入厩で結果を出しており、今回はそれを意識したか。木曜日に最終追いを敢行していて、リスグラシュー同様にG気妊僖拭璽鵑鯤僂┐討たのがどうなるか。

+-+-+-
+-+-+-

16リスグラシューは東京新聞杯で見せたように、左回りでは一瞬で抜け出す脚力がある。調教後の馬体重は466キロ(前走時452キロ)で、3歳時比較では随分と大きくなった。それでも、東京新聞杯時は当週にびっしりと追い切っていたが、今回は1週前に時計を出して当週は軽めという違いはある。
輸送で馬体重が減り、ピリピリすることを懸念した調整過程が吉と出るか凶と出るか。

risu

↑パドック班からは、東京新聞杯時も馬体はギリギリだったとのこと。

+-+-+-
+-+-+-

昨年の好走馬3頭、11アドマイヤリード17デンコウアンジュ4ジュールポレールは、村山激走指数が高く出た。激走馬にも該当しており、この辺りが高配当をもたらしてくれたら。

1レッツゴードンキはこれまでこのレースでは結果を残せず。それは高松宮記念→VMの距離延長で引っかかってしまうというパターンであったが、内枠ならば押さえておくべきか。

9ソウルスターリングは流石に人気を落とし過ぎだが、前走の負け方、そして、今回の上昇も特に見られなかった。見送りが妥当か。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2018年05月05日

IMG_2879


Д織錙璽ブロンドンはミッドウェイファームからの帰厩2走目。藤沢和雄厩舎は、レイデオロとソウルスターリングの活躍があったように、ノーザン社台系外厩の帰厩初戦でG気鮠,辰討た印象が強い。それでも、サトノアレスやゴーフォザサミット(重賞ですが)のように帰厩2走目でもマイナスにはならない厩舎。今回は坂路で全体、終いともまとめて良化気配。実績を信頼して。

2列目は3頭。村山激走指数の上位へ。

パクスアメリカーナの前走は、4→8→7というコーナー通過順位のとおり、内枠からうまく流れに乗れなかったなかで、タワーオブロンドンと差のない競馬。中内田厩舎は1戦必勝タイプの調整をするので帰厩初戦の成績のほうが優秀ではあるが、中間の動きからはデキもよさそう。

アーモンドアイやジェネラーレウーノのように、3歳のはじめを外厩で調整された馬が好走するのがトレンド。該当馬はノーザンファーム天栄からの帰厩初戦であるテトラドラクマ。自ら速いペースを刻んで良さが出るため今回もHペースを演出するだろう。東京マイル実績と天栄でのリフレッシュ・成長に期待。

ギベオンは毎日杯2着の実績と騎手、厩舎から。ただし、山元トレーニングセンターからの帰厩4走目で調教の動きもやや硬く映ったのはどうか。

3列目。桜花賞で見せ場を作れなかったNF天栄馬ということではゥ廛螢皀掘璽も該当。こちらは内枠だけに、うまくレースが運べればという注文が付く。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2018年04月28日

天皇賞(春)
tenharu

・重視したポイント
村山激走指数+距離などの補正
内枠有利、外枠不利が顕著。
4角で後方の馬では厳しい。
NFしがらき、NF天栄調整馬は、勝ちきれないものの好走。

枠順・ポジショニング次第で結果が大きく変わるレース。
能力は11シュヴァルグランが1枚抜けており、本来は一頭軸で買えるレース。それでもG1なので手を広げて的中を優先すると以下のような馬券になった。

IMG_2874


馬連は2チェスナットコート、6ガンコ、10サトノクロニクル、11シュヴァルグランのBOX。3連単は2,10,11から6ガンコ、8クリンチャー、12レインボーラインへ。

シュヴァルグランは当初からここを目標にしたローテ。にもかかわらず、調教からは前走の大阪杯の方が良い数字が出ており、引っかかる。一頭軸にできなかったのはこれも理由。

キレやスピードが重視されるレースではないので問題はないかもしれないが、クリンチャーは帰厩3走目。宮本厩舎×大山ヒルズの3走目は近二年の連対率は11.11%。テン乗りの三浦騎手ということもあり、同じ先行馬でもガンコ(松元茂樹厩舎×ヴィゴラスSの2走目)の方を上にとる。

サトノクロニクルはこれといった武器がないが、この中では自在性ある脚質を評価。内枠を引いたチェスナットコート、レインボーラインまで。

アルバートはこの条件では持ち味が出ず。トーセンバジルはまだ前にはいけるが流石に手が回らない。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2018年04月14日

皐月賞

n11r


●ポイント
・G気涼罎任盂聞發ぅラシックなので、上位厩舎の帰厩2走目まで
・もちろん騎手も
・馬場や展開は深く考えない(土曜朝の段階では全くわからない)

今年の皐月賞はBOXにしました。理由としては単純で、軸を選ぶことができなかったから。激走指数では混戦模様、紛れのある中山芝2000m、重馬場強風が濃厚、逃げ先行馬が多く、差し馬は東京向きが揃った。難しいレース。

その中で、牡馬クラシックなので、騎手、厩舎、外厩を上に取りたい。BOXながら、一応の一番手はステルヴィオ。2歳時は追走に苦労していたが、年が明けてのスプリングSでは改善していた。加速ラップで伸びたことからも、距離に不安はない。木村哲也厩舎×NF天栄の2走目は平場では問題ないのが、重賞では好走歴がない(ほとんどが帰厩初戦で使われるためサンプルが少ない)ことはどうか。▲錺哀優螢▲も同じくNF天栄2走目。マカヒキと被るものがある。ただし、調整の過程は大きく異なる。ワグネリアンは気性面の問題からか皐月賞に向けた調整はずいぶん軽め。ステルヴィオと同じく、加速には時間がかかる東京ベター。それでも王道路線で上がり最速を使ってきた脚は評価したい。3種の神器がそろったとも言える池江泰寿厩舎×NFしがらき×Mデムーロ騎手のゥタノコマンドールも外せない。王道路線ではないが走破時計、上がり3Fからは重賞級のものがある。Д┘櫂ドーロは器用な競馬ができ、末脚も持続する。皐月賞では重視したいタイプ。藤原英昭厩舎×吉澤ステーブルWESTの2走目。前走が権利取りだったので、上昇度は?

ジャンダルムは舞台向き、池江泰寿厩舎で気になるが、点数を理由に買わず。オウケンムーンは能力的には評価できるが、共同通信杯から在厩調整で評価を下げた。

IMG_2864

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


  • コメント( 0 )
©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives