外厩的アプローチ

2017年10月06日

秋来ぬと目にはさやかに見えねども毎日王冠にぞおどろかれぬる

意訳:秋の到来を目で感じることはできないのだが、今週は毎日王冠だから、もう秋がやってきたんだなと感慨深い気持ちである。

冗談はさておき、今週は3日間開催です。ついこの前やったような。まあ毎年のことなんですけどね。この3日間に行われる重賞は、どれもその後のG1を占う一戦になるため、予想もいいですが復習をしっかりとしたいところです。

週中に予想を詰められなかったので今週は(も?)堅そうな所を少点数でこなせれば。
基本的に雨の競馬はやらない(苦手だから逃げているが正しいが)のですが、見ていきましょう。

+-+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-+-

☆東京11R サウジアラビアRC

t11r

例年は新馬未勝利勝ちの馬がここを勝って〜という流れだったが、今年は前走で重賞OP好走した馬が多数。夏場戦ってきた馬が集うレースにこれからなっていくのだろう。馬場が良ければ、速い上がりの使える完成度が高い馬で決まるレース。すなわちステルヴィオで良いとは思うが、重馬場ではそこまで推し材料はない。それならば上位人気にはならないであろうシュバルツボンバーに興味がある。タフな馬場だった新馬戦でダノンプレミアムに完敗しているが、重馬場が敗因ではなさそうで、レコードタイムを記録した未勝利での変わり身も良かった。人気薄の馬は深く詰められていないので、人気どころへの馬連しか買えない状況。相手はステルヴィオダブルシャープダノンプレミアムスワーヴエドワード。各15倍くらいはつくと思うが、自身の無い重馬場想定で4点は買い過ぎ感はある。オッズが付けば単勝も。


☆東京9R 西湖特別

t9r

良馬場を1分36秒台半ばで走れるイーグルフェザーが物差しとなるレース。1000万条件の東京ダ1600なら威張れる実績はあるが、裂蹄テープを巻いたり外したりを繰り返している馬で、ツメの甘さはそこから来ているのかも。東京ダ1600Mで最内枠となれば取りこぼしは十分に考えられる。サノサマーは出足が鈍く後方一辺倒も持ち時計は優秀。外枠なら相手にはと思っていたが、これも2番枠ということで最後方から大外回るだけの競馬になりそうで信頼は置けない。馬券はブライトンロックから。サノサマーと似たようなタイプだが、東京外枠偶数短縮騎手替わりと好走条件は揃っている。一度使ってからのほうがいいタイプかとは思ったが評価を落としているようであれば。相手は上記2頭とベバスカーンシルバーポジー。馬連で。差しが決まる重馬場だったらいいのだが。


☆京都11R 平城京S
k11r

映像を見れたわけではないが、ストロングバローズは調教時計からはだいぶ戻ってきているのではと推測できる。しかしながら、強気にはなれず、硬い馬だけに最内枠が微妙で、距離もどうなの?という感じ。本当は東京ダ1600Mで見たいのだが、2走続けての遠征は何か意味があるのだろう。テンザワールドクリノリトミシェルに馬連。


☆東京7R3番ハッスルバッスル・・・帰厩初戦の好期待値条件(吉澤ステーブルEAST)
→27.3-40-56-91.8-83

☆東京9R7番シルバーポジー・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.7-29.9-41-104-85.6

あまり呟く頻度は高くありませんが、Twitterやってますので、
@vm_jrdb をフォローよろしくお願いします。
以下は、先週テンモースを締め切られた時のもの。







JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB

2017年09月30日

◆中山11R スプリンターズS

n11r

今年のスプリンターズSは、なかなか面白い構造。まず第一に、G1で好走実績のある馬が休み明けである点。マイルCSや阪神Cもしくは香港までを見据えている馬は夏場使っていては持たないから、ここは休み明けでもとなる。香港が身近な存在になったこともあるが、休み明けでも外厩からの帰厩初戦なら力が出せるという意識変化が大きいのかなと。過去の好走馬はセントウルSやキーンランドC組が多いことから、夏場に使っていた馬or一叩きした馬が有利なレースだとは陣営の方が一番分かっているはずなので。第二に、人気が予想される馬の厩舎ランクが低い点。神戸新聞杯はピンクやオレンジばかりでしたが、こちらは真っ白。スプリンターを育成するのとクラシック路線を歩ませるのはやはり別物。それゆえに荒れやすいG1なのだろう。

+-+-+-
+-+-+-

自分の予想スタイル的に1200M戦は大の苦手。ここは予想というよりは外厩メインで。結論から言うと休み明けの馬メインで。

安田記念以来の出走となるレッドファルクス。以前はミホ分場での調整であったが、京王杯SCから山元トレセンに変わっている。もとより休み明けを苦にするタイプではなく、帰厩初戦で力を出してきた馬。条件を選ばないオールラウンダーで、時計の速い遅い馬場の良し悪しを問わない。鞍上のMデムーロ騎手も頼もしい。馬券には必ず加えたい存在。このレースただ一頭のノーザン社台系外厩帰りの馬でもある。

redfa

+-+-+-
+-+-+-

高松宮記念の覇者セイウンコウセイは函館SSで未曽有のHペースに巻き込まれての4着。持ち時計がなく、速い時計での決着になった際の懸念材料はまだ残っているが、嫌うのは怖い馬。阿見ではなく北海道の西山牧場から。

seiun

+-+-+-
+-+-+-

触れておかねばならないのはビッグアーサー。ビッグアーサー×吉澤ステーブルWESTの帰厩初戦と言えば【6,2,0,0】と100%連対。ただ、蹄の状態が思わしくないためか調教の時計も動きも本調子とは程遠い。外厩帰りという理由だけでならノーシンクで本命にできるが、今回だけは流石に買えない。

biga

+-+-+-
+-+-+-

モンドキャンノはデビュー以来初めての在厩調整。安田隆行厩舎は2走目だからどうとかではないです。

ファインニードルは乗り替わりのために人気を落としているが、そこまで嫌う要素はないのでは。ただ、ミッドウェイファームから数えて帰厩3走目となるので、「良馬場でのG1では帰厩2走目まで」の法則には当てはまっていないくらいか。(重馬場なら桜花賞のレーヌミノルが該当)

馬券は、レッドファルクスから3連複フォメ。G1は当てにいくため回収率はあまり考慮せず広めに。2列目にセイウンコウセイ、メラグラーナ、ワンスインナムーン。3列目にはレッツゴードンキ、ラインミーティア、モンドキャンノ、ファインニードル、ダンスディレクターを追加。18点。

IMG_2701


平場は夕刻から時間があれば更新します。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB

2017年09月29日

先週のCルメール騎手×藤沢和雄厩舎×ノーザンF天栄の安定感は流石でしたね。秋の東京開催が始まるとまた見られるはずです。

しかし、前哨戦で4着になってしまったことから凱旋門賞への世間の注目が薄くなっているような...。まあ、昨年は海外馬券発売開始ということもあったからだと思いますが。サトノダイヤモンドは馬場が合っていないという旨の報道が多く出ていますし、日本馬と言えど、人気は落ちそう。それにしてもEnableがイネイブルではなくエネイブルと表記されるのはThe日本英語って感じがしますが、エにした理由ってあるんですかね?

今年もスポーツ報知さんの馬トクサイトにおいて凱旋門賞のオリジナル馬柱が見られますのでぜひ予想のおともにご活用ください。

スポーツ報知馬トクサイト
https://umatoku.hochi.co.jp/

金曜日夜の更新と聞いています。

+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-

☆阪神5R
h5r

2016年の2歳の新馬戦において、友道厩舎×ノーザンF系外厩は勝率45.4%、単勝回収率114.5%を記録したように初戦から狙い目となるケースが多い。今年は、アドマイヤビクター(4着)、クアトレフォイル(2着)、ワグネリアン(1着)、エタリオウ(4着)という成績。さて、アドマイヤキングはどうかとなりますが、調教の印象からはまだプロフィールの良さに動きが追いつけていないかなという見立て。クビの低い素質を感じるフォームなんですけどね。押し出されての人気になるだろうし、友道厩舎×ノーザンF系外厩でも頭は嫌って考えてみたい。

☆阪神9R
h9r

1番人気だろうし、牧浦充徳厩舎×宇治田原優駿Sと当ブログ的に強調できるものがないのだが、ドンフォルティスの末脚は2歳馬レベルでは図抜けており、ここでもアタマ狙いで良い。ダートでは内枠奇数の差し追込み馬は基本的に嫌う材料であり、鞍上も調子を落としている。あくまで少額で。

☆阪神9R5番ドンフォルティス・・・帰厩初戦の好期待値条件(宇治田原優駿ステーブル)
→27-39.8-56-90.6-83
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB

2017年09月23日

ダービー馬が神戸新聞杯に出てくるのですが、菊花賞には行かないそうで。ダービー上位馬が出てこないので、今年の菊花賞は(も)寂しいですね。

+-+-+-
+-+-+-

☆阪神11R 神戸新聞杯
h11r

レイデオロは藤沢和雄厩舎×ノーザンファーム天栄×Cルメール騎手なので、平場なら即軸になるやつ。狙ったタイミングで使ってくるので、今年2番人気以内なら必ず馬券に絡んでいる。1番人気なら連対率まで100%。今日は阪神9,10Rと該当馬がいますね。

reideoro

◆2017年藤沢和雄厩舎×ノーザンファーム天栄×Cルメール騎手の帰厩初戦成績
tenneitansyouniki

ここを使って次走がジャパンC?とのこと。ファンディーナやアルアインが大幅馬体増で出てきたように、この馬も余裕残しかと考えつくが、ジャパンCまでは中8週ある。ここを使って次を狙うという感じではなく、ここも次も取りに来てるのではないかと。最終追いもしっかりやっていたし、ダービー馬としての力は出せると推測。

+-+-+-
+-+-+-

キセキは毎日杯時にパドックで見た印象はthe角居厩舎の馬という感じで、個人的にそこまで目立たなかった。

kiseki

しかし、返し馬ではずっと良く見えて驚いた。当日は返し馬情報を担当していて、B評価ながら比較的高い評価を入れた。新潟での前走も内容が濃い。吉澤ステーブルWESTからは使ってからの方がいい厩舎だが、特に問題はないかと。

◆毎日杯のパドック・返し馬情報タブ
kisekikaeis

+-+-+-
+-+-+-

サトノアーサーは脚元の状態もあったか、使いたいローテで使えずダービーで大きく負けてしまった。それでも末脚能力は世代屈指なのは事実。阪神2400なら問題ない。

satonoasa

+-+-+-
+-+-+-

ダンビュライトは賞金が欲しいので随分と強い追い切りを消化してきた。意欲は感じるが、スプリンターズSに出るつもりなのかと思うほどテンから飛ばしていて逆に心配になる。皐月賞ダービーでも上位に来ているため、多くの人にとって馬券選択のボーダーホースだろうが、ここは軽視で。
danbyuraito

馬券はレイデオロ、キセキ、サトノアーサーの3頭で決まる堅い決着を想定。カデナ、ベストアプローチ、アダムバローズが次点だがそこまで買い目が回らない可能性も。
IMG_2696

当たってもあまりプラスにはならない買い方ですが、他にどう買えばいいか分からなかったので

+-+-+-
+-+-+-
+-+-+-
+-+-+-


◆中山11R オールカマー

「特別出走奨励金が貰える芝1800M以上のG2ではノーザンF系外厩帰りの馬を買う」というのが持論。ということで、ノーザンFしがらき帰りのステファノスから。芝追い切りが続いているのために印象は悪いが、ビッシリとはやれている。G1メイチのイメージがある藤原英昭厩舎だが、今回はここに狙いがあるのではないかと推測。

ルージュバックが8月30日に入厩しているとのことで、いわゆる"入厩10日競馬"ではない。良い悪いの判断は簡単にはできないが、いつもと違うということには留意しておきたい。
IMG_2697

よろしくない金額配分になってますね。失敗です。当たればいいんですけど。
今気づいたら金額だけでなく買い目もミスってる...。アルバート軸ではなくステファノス軸だったのですが...。

☆阪神2R8番ヴァルディノート・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.2-29.6-40.7-99.8-85.3

☆阪神11R2番サトノアーサー・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.2-29.6-40.7-99.8-85.3
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB

2017年09月22日

金曜の昼、大阪は今週も雨です。

☆阪神11R 大スポ杯
ダートの1400~1600mに適性がある馬は小倉新潟札幌開催の間は使うレースがない。そのため多くがこの間を休養に充てている。初戦から取りに来ているのか、もしくは使いつつ良化を狙っているのかの見極めがキモで、デキの判断はパドック班に期待したいところです。外厩と厩舎のパターンでよさげなレースを見つけ、あとはパドック情報を頼りにという感じがいいかと。

冒頭にデキが大事と言っておいてなんですが、まあ軸は単純に能力上位のサトノファンタシーで良いでしょう。松田国英厩舎×awajiトレセンはメジャーな組み合わせで、清里特別勝利時と同じ調整過程。松田国英厩舎自体が初戦からという傾向ではないため、それほど強調できる数字を誇る組み合わせではないのだが、馬自身ムラがあるタイプではないし、調教からは1週前に自己ベストとなる指数を記録している。力を出せる仕上がりと判断。
◆松田国英厩舎と主な外厩先成績(2017〜)
matuko

サトノファンタシーは人気が被りそうなので相手は買えて2頭。相手は阪神ダ1400に良績があるダノンフェイスが筆頭候補だが、最内枠で上手く競馬ができるか微妙。自分の形になれば強いエルフィンコーヴが1400でもと思うが、ピンパーなので連下で買うタイプではない。典型的な相手が分からないパターンで手を出せない。



☆阪神8R
タピゾーの前走はなかなかの好内容。調教で動かなかった馬が動くようになってきたのは好感で、特殊な適性の問われる阪神ダ2000が未経験でも狙ってみたい。友道厩舎と言えばやはりノーザンファーム系外厩になるが、吉澤ステーブルWESTでも好走率は高い。同様に芝向きの厩舎の印象もあるが、ダートでも堅実。流石世界の友道師。単勝で。オッズがつかなければ馬連となるが、相手はまだ決めかねています。
◆友道厩舎×吉澤ステーブルWEST、芝ダ別帰厩○走目成績(2017〜)
tomomitiyosizawa


☆中山8R9番キングナポレオン・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.2-29.6-40.7-99.8-85.3

☆中山10R14番クラシコ・・・堀厩舎×ノーザンファームしがらき
→43.7-50-53.1-169.6-97.1

☆中山11R4番タマモブリリアン・・・帰厩初戦の好期待値条件(ファンタストクラブ)
→26.3-39.5-56.2-88.6-83.1

☆阪神8R9番タピゾー・・・帰厩初戦の好期待値条件(吉澤ステーブルWEST)
→26.3-39.5-56.2-88.6-83.1

☆阪神10R2番テーオービクトリー・・・帰厩初戦の好期待値条件(宇治田原優駿S)
→26.3-39.5-56.2-88.6-83.1
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives