村山より

2018年11月17日

京都11R マイルCS

多くの馬が秋の前哨戦を使って叩き2〜3走目。その中では帰厩2走目でもG1を勝てる、関西のリーディング上位厩舎の馬を優先するべきと判断した。また、先週のエリザベス女王杯に続いて、リピーターが好走しやすいレースでもあるので、京都芝外コースへの適性を重視して組み立てた。

◎8番モズアスコット
○2番ペルシアンナイト
○3番アルアイン
△14番エアスピネル
△7番ロジクライ
×1番ステルヴィオ
×15番アエロリット

IMG_3125
(馬券は金額を間違えていたことに今気がついた)

モズアスコットは使える脚が短く、勝ちきれない競馬が目立つ。それでも京都外回りではペースを問わず好走できており、3着までの軸としては信頼できる。

ペルシアンナイトは器用さを欠き、不利を受けやすいのがネック。それでも叩き良化型だけに、59キロを背負わされた前走からの上積みに期待したい。吉澤ステーブルWESTを経由せず、追分FLV→山元TCは自身初だが、これは特に問題はなさそう。

アルアインは立ち写真からもマイラー向きに仕上げてきた印象。スワーヴリチャードやサングレーザーなど、中距離戦線の馬はマイル路線と比較すると上。ただし、先の馬より末脚が優れたタイプではないところは懸念か。大舞台で積極的な騎乗が目立つ、川田騎手に期待。

アエロリットは輸送自体は問題ないのだが、右回りでは中山記念のようにコーナーでスムーズに運べない。消したいところだが、天栄、ムーア騎手の手腕を恐れて押さえる。

同じく天栄のステルヴィオは間違いなく順調で、マイルで追走に苦労していた2歳時とは馬が違う印象。坂の下りから脚を使う競馬は合っていそうで、3歳の関東馬ということを加味しても消し評価にはできなかった。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2018年11月04日

外厩や騎手よりもダート重賞の基本を重視したいかなと。


まず予想の入口として、中央ダート重賞での鉄則を確認。

ー磴で呂有利
スプリント戦ではこの傾向が特に顕著。東京盃のような12秒台の時計ではなく10秒台の決着に対応できる、若い馬から。

⊇薀澄璽函∩袷芝、地方馬は減点。
前走芝に関しては、レッツゴードンキのようにある程度ダートで適性を示している馬は例外でいいとは思います。

4靄椶論莵塲詫利。
ホッコータルマエ、二ホンピロアワーズ、クリノスターオーがバリバリだった時の競馬を思い出していただきたいですが、一線級の馬はペース云々ではなく、止まりません。もちろん本当に強い馬に限りますが...。



JBCスプリント

◎5番マテラスカイ
○14番モーニン
▲6番グレイスフルリープ
☆3番キングズガード
△4番キタサンミカヅキ
△7番ウインムート
△13番レッツゴードンキ

IMG_3105


多くの馬から旬を過ぎた感じを受ける。マテラスカイが止まらないでしょう。


JBCクラシック

◎14番オメガパフューム
○7番サウンドトゥルー
▲12番アポロケンタッキー
☆16番クリソライト
△4番サンライズソア
△8番ケイティブレイブ
△10番テイエムジンソク

IMG_3107


傾向に合致するのはサンライズソアだと思うが、どうもレース内容にピンとこない。ケイティブレイブも中央ダートではオープン級を勝てていない面は気になりヒモまで。

JBCレディスクラシック

◎16番アンジュデジール
△2番フォンターナリーリ
△3番クイーンマンボ
△4番ラビットラン
△10番プリンシアコメータ

IMG_3108


アンジュデジールが人気を落とし気味で妙味があると抽出されたのでこの馬から上位人気の馬に。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2018年10月27日

ここ2週の活躍で、一気に「外厩」の存在とその影響力の強さが競馬ファンに知れわたったのではないでしょうか。外厩帰り×上位騎手で決着するようなレースを当てられなかったのは、当事者として忸怩たる思いです。例によって今週も出走馬はほとんどがノーザンファーム系。その中からどのようにして選ぶか、どう買うかが要求されていますね。

「上位人気2頭で2強」という認識。JC狙いという印象は受けず、ここでしっかりと実力を出してくるとみます。2頭軸でいきたいところだが、セントウルS・京成杯AHの週以降、日曜日の重賞で的中がないので広めに購入しました。当たってもほとんど利益は出ません...

◎5番スワーヴリチャード
○4番レイデオロ
▲6番マカヒキ
△3番ヴィブロス
△7番アルアイン
△9番サングレーザー
△10番キセキ


IMG_3098

レイデオロはオールカマーで突出した上がり3Fタイムを計時。ダービー馬で昨年のJCで2着と東京ベスト。Cルメール×ノーザンファーム天栄は、この秋絶好調。中間の調教でアクシデントがあり、完璧とはいえない調整過程でも。(鞍上との兼ね合いや、前哨戦を使っていることから、JCではなくここが狙い)
本命はスワーヴリチャード。夏季はノーザンファーム空港(北海道苫小牧市)でリフレッシュ。これは昨年のアルゼンチン共和国杯時と同様で、その際の圧勝劇からも、調整過程は満点の評価ができる。当週は少し浮ついた動きだったが、1週前にしっかり動けており自身の力は出せる状態。

以下は横一線の評価。ヴィブロスは某誌で天皇賞秋の注目馬として取り上げた。芝中距離では信頼の友道厩舎で、左回りの東京芝2000mはベストの舞台。2週続けての坂路調教だったことが引っかかり、少し評価を落とした。キセキとマカヒキを上位に評価したのは、鞍上を考慮してのこと。アルアインは状態や過程は良い。サングレーザーとともに東京コースで力を出し切れれば。





JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2018年10月20日


菊花賞

◎9番エタリオウ
○3番ブラストワンピース
▲4番ジェネラーレウーノ
△5番エポカドーロ
△6番メイショウテッコン
△12番フィエールマン
△14番グロンディオーズ

IMG_3087


ノーザンF天栄の勢いには逆らえないが、やはり菊花賞は関西馬に有利なレース。これを理由に◎と○を入れ替えた。エタリオウはダービー、神戸新聞杯で上がり上位。友道厩舎はマカヒキやワグネリアン、シュヴァルグランなど、帰厩2走目以降でもG気鮠,討覬梗卜呂ある。Mデムーロ騎手なら鬼に金棒だ。ブラストワンピースの素質は相当なもので、ダービーも不利がなければ勝ち切っていたはずの内容。心配されているスタミナ面も、東京芝2400mであれだけの上がりを使える馬であれば、同世代が相手では問題はないとみる。

相手は内枠の上位人気馬を中心に、騎手を重視した。

ブラストワンピースだけでなく、フィエールマンやグロンディオーズが好走した場合、天栄が一つの時代を作ることになるが、果たして。


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2018年10月13日

京都11R 秋華賞・G

◎11番アーモンドアイ
○7番ラッキーライラック
△16番プリモシーン
△2番カンタービレ
△5番サラキア
△13番ミッキーチャーム

IMG_3083


ダンサールを除く、上位人気馬をそのまま順当に。

外厩の傾向的には、ノーザンファーム天栄からの帰厩初戦の馬は苦戦している。アーモンドアイ、プリモシーンがこれに該当するが、今の天栄の勢いには逆らえない。アーモンドアイは3冠濃厚の評価。オッズ的に1着固定の3連単に妙味がないので3連復で。ラッキーライラックは頓挫があり本数が少ないとはいえ、調教指数からは特に問題があるようには感じなかった。今年の牝馬はアーモンドアイ+2強。ラッキーライラックの評価は揺るがない。先のG気把亡兇靴親睿箸良靄騎手であり、最重要トライアルのローズS勝ち馬カンタービレ、そして2着のサラキアは外せない。また、騎手で川田騎手を。IDM的には届かないとは思うが、無印にはできなかった。

本線は16プリモシーン。遠征競馬、2000mと懸念材料は多いが、古馬を破った末脚に期待する。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


  • コメント( 0 )
©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives