村山より

2017年09月08日

夏競馬はステルヴィオ(コスモス賞)、フロンティア(新潟2歳S)、ロックディスタウン(札幌2歳S)とサンデーレーシングの2歳馬が活躍を見せました。まだまだデビューを控えている素質馬が揃っているサンデーレーシングは流石としか言いようがありませんね。

-----------------------
-----------------------
n11r

☆紫苑S
ファンディーナやアドマイヤミヤビ、レーヌミノル、リスグラシューにモズカッチャンら関西の有力どころがローズSにいるので、それを避けてきた関西馬がチラホラ。昨年のヴィブロスもここで権利を取りに来ていたと記憶している。ディアドラはノーザンFしがらきからの帰厩2走目。1000万下条件を勝っても秋華賞出走権が危ない?のか紫苑Sを使ってきた。前走で馬体重が-12キロだったことや、再度の輸送を考えるとコンディションは?なので本命には推しづらいが、オークス4着馬の強さで押し切られても納得できる。馬券は15ルヴォワールから組み立てたい。手塚貴久厩舎×ノーザンF天栄×戸崎騎手で今回は権利取りの一戦。前走は裂蹄テープを巻いていて、今回はフレグモーネ明け。調教での遅れもあり状態は疑問だが、パターン的には来るやつ。外厩以外でも素質を感じるフットワークだったということも理由。相手はノーザンファームBOXとなる7ポールヴァンドル、8ホウオウパフューム、16ディアドラ、18サロニカ。紫苑Sは長期休養明けの有力外厩帰りの馬が活躍する重賞になると見込んでの予想。

-----------------------
-----------------------
h5r

☆阪神5R
さて、個人的に注目の新馬戦。母がビリーヴ(Believe)の6ジャンダルムは4月のPOG取材で実馬を見たが、筋肉量がありボリューム感ある馬体に思わずオッとなった記憶が。取材の感触と自分のイメージからPOGでも指名したので頑張ってほしいところ。そこまで長い距離が向くとは思わないけれども、現段階では素質で適応できる。そしてやはりミッキーアイルの下の7スターリーステージも調教で動いている。この2頭から、3連単ではなく3連複2頭軸流し相手2点とかで組み立てたい。何となくですが。次に人気が予測されるロードカナロア産駒の2頭がいるが、追い切り指数が高いことに加え、安田厩舎の新馬戦成績の良さから9サンライズカナロアをより上位評価したい。

-----------------------
-----------------------
h11r

☆阪神11R エニフステークス
外厩でいうならば、中内田厩舎×グリーンウッドの15イーデンホールだろう。勝つか馬券外かのピンパー。
☆2017年中内田厩舎×グリーンウッドは帰厩初戦で勝ち切る傾向
nakauti

ただ買いたいのは4ウインムート

uinnmu-to

ウインムートは桶狭間ステークスの内容が秀逸。サトノファンタシーを直線で更に突き放し完封した内容は圧巻だった。今走で帰厩4走目を迎えるが、厩舎ゆえに過去にも使われているので問題はないだろう。単勝オッズが3倍付くなら単勝を買いたい。

相手で注目は8ゴーインググレート

go-ing

実績は1200Mに集中しているが、プロキオンSでは差し決着を粘っていた。メンバーレベルを考えると今回なら粘れても。他は人気どころに流そうと思うが、6ピンポン10ナガラオリオンはこの条件ならいつ来てもおかしくなく、広めに。

-----------------------
-----------------------
h9r

☆阪神9R 鳥取特別
前走は同冠のタガノヴェローナに厳しくされた感がある6タガノグルナが楽逃げできれば。岡田稲男厩舎×宇治田原優駿ステーブルの7ウォーターマーズは距離延長で巻き返せるとは思うが、今年は帰厩初戦のダートで勝てていない。使ってから勝ち切る厩舎ではある。
☆2017年岡田稲男厩舎×宇治田原優駿ステーブルの成績
uuuzzziii


☆中山8R4番コパノマイケル・・・帰厩初戦の好期待値条件
→25.7-39.2-56.4-86.7-83.4

☆中山11R18番サロニカ・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→17.9-29.6-40.6-99.7-86.1

☆阪神6R13番トゥザクラウン・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→17.9-29.6-40.6-99.7-86.1

☆阪神6R16番イルーシヴハピネス・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→17.9-29.6-40.6-99.7-86.1

☆阪神10R4番サトノグラン・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→17.9-29.6-40.6-99.7-86.1
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB

2017年09月02日

重賞がない札幌にCルメール騎手が残っているので、どこかに勝機のある馬がいると考えるのが自然の流れ。勝ち星的には独走状態ですので、札幌リーディングを狙っているというわけでも無さそうですし。当然有力馬に多く乗っているのですが、その中でも藤沢和雄厩舎との組み合わせである9Rのピックミータッチ(ファンタストクラブ)が本命になるのかと思います。(しかしながら札幌に拘る必要もあまりないようなメンバーだが...。)

-+-+-+-+-+-+-+-+
-+-+-+-+-+-+-+-+

n11
k11

小倉2歳Sは上位人気に思ったほど被っていないので、新馬戦好タイムで勝ち上がりのモズスーパーフレアヴァイザーのワイドで勝負。ヴァイザーの新馬戦は次走で好走する馬が多くいたレベルの高い新馬戦だった。比較的早い流れであったことからも1200Mへの短縮は好感。堅い馬券だが意外と土曜昼の段階では配当は望めそう?

IMG_2691

eew

新潟はノーザンF馬が多くいる芝のG3戦なので、ノーザン系外厩の馬のどれかが勝つと考えて馬券を組み立てたいのですが、、、多すぎますね。選ぶならアストラエンブレムが一番無難かとは思いますが。馬券は買いませんでした。

☆小倉1R2番ラブカンプー・・・帰厩初戦の好期待値条件(宇治田原優駿ステーブル)
→26.4-39.7-57.3-89.3-85

☆小倉9R2番エルビッシュ・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88

☆小倉10R5番シロニイ・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB

2017年09月01日

小倉2歳ステークスのモズスーパーフレアは新馬戦を1:08.5の好時計で快勝。人気になっているのも頷けます。では、果たしてこのタイムはどれくらい速かったのでしょうか。このように走破タイムの比較をしたい際に役立つのが「JRDVコース別タイム」です。では、実際に小倉芝1200の新馬戦という条件で確認してみましょう。

ダウンロード (2)

「JRDVコース別タイム」を見ると、2013年2月〜先週までの期間において、モズスーパーフレアが記録した1:08.5は、ホウライアキコベルカントに次ぐ3番目の時計です。能力指数IDMは46と高く、昨年のレーヌミノルより5も高く出ています。このことから、前走見せたパフォーマンスは高く評価することができると考えていいでしょう。今回のコンディションと枠順等にマイナス面が見つからなければ堅軸となり得る存在です。また、これを見るとバーニングペスカの新馬戦のタイムは速かったものの、IDMはモズスーパーフレアと差があることが分かりますね。以上、「JRDVコース別タイム」の紹介でした。

---------------------
---------------------

以前にも触れた気がするのですが、記事が見つからなかったのでもう一度。八木良司氏×宇治田原優駿ステーブルの今年の成績は以下のとおり。

無題

また、これをダートに絞って単勝人気別で見てみると、

無題

1番人気での成績はもちろん、上位人気に支持された際の安定感が光っています。最近ではレパードSにグルナ・カトレア・ディグオの3頭出しをするなど、特にダート路線での活躍馬が多いタガノ冠馬。ノーザンファームが絶対ではない分野で結果を出すというオーナーブリーダーとして方針がはっきりと見てとれます。自外厩の宇治田原優駿ステーブル調整馬は、今後も激走を見せてくれそうなのでマークしておくべきでしょう。ただ、今週は該当馬はゼロ...。週中に用意したネタだったので正直ボツネタです。。。

---------------------
---------------------

チェキ会?やらで今週何かと競馬界を騒がしたハウナニがデビュー。ここまでロードカナロア産駒は7勝を挙げるなど、種牡馬として評判通りの好スタートを切っており、ノーザンF生産馬に限定すると【5,2,3,4】と驚くほどの好成績を記録。当然、ハウナニにも好走が期待されます。今のところダートではアクアリブラ(ノーザンF生産馬)が6着に敗れているだけで、【0,0,0,1】と未勝利。ダートでの初勝利を父にプレゼントできるかにも注目です。

---------------------
---------------------

馬券では、スピードを武器に未勝利→500万下を連勝して以降、結果が伴っていないアズールムーンの復活を狙ってみる。とにかくテンのダッシュ力には非凡なものがあるので、それを生かしての粘り込みを期待。近走の大敗は精神的なものに因るだろうし強気にはなれないが、まだ復活の芽はある。ノーザンファーム天栄でのリフレッシュ効果が上手くはたらいてほしいところ。

☆札幌12R7番ハナズレジェンド・・・帰厩初戦の好期待値条件(宇治田原優駿ステーブル)
→26.4-39.7-57.3-89.3-85

☆小倉1R6番レッドルーラー・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88

☆小倉1R10番キングナポレオン・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88

☆小倉2R1番シャルドネゴールド・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88

☆小倉10R2番サトノケンシロウ・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88

☆小倉10R5番ジュンスパーヒカル・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88

☆小倉10R8番オールドクラシック・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB

2017年08月19日

土曜日はサヴィもエイシンパライソも見せ場なし。不思議な自信があったレースだったんですが。

昨年同レースで無理なくハナを切り、後続を凌ぎきったエイシンローリンを再び狙う。このブログにも何度も登場している同馬だが、栄進牧場久世育成センター(EISHIN STABLE)からの帰厩初戦では(5,1,1,1)。典型的な帰厩ポン駆けタイプなので、帰厩初戦時はとにかく買い。ただ、長期休養の原因となった理由と斤量が当時から2キロ増えていることはケアしておきたい。
◇エイシンローリンの過去走
erorin

ダウンロード
ダウンロード (1)

バクシンテイオーはNFしがらき

両重賞ともにアイデアが湧かず。

☆新潟10R11番ショパン・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.3-30.7-41.1-105.8-88.8

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives